MT4口座

国内主要MT4口座の比較 オススメMT4口座

FXトレードは、FX会社(証券会社なども含む)に口座を開設することから
始まります。
train-445392_1280

FX会社(業者)には、いくつか分け方がありますが、まずは、
・国内FX会社
・海外FX会社
に分けられます。

国内FX会社であれば、金融庁の管轄下にあるので、日本の法律に従い
管理されています。

一方、海外FX会社は日本の法律が及ばないという現実があります。hare-1631435_1920
もちろん、その会社が属する国の所轄官庁の管轄に入るのでしょうが、
少なくとも「日本とは異なる」という現実があります。
(何か、嬉しくないことが発生してしまった場合の解決を図る時に
強く意識させられることになります)

これは、良い悪いでは無く、メリット・デメリットを考慮して
自分で判断すべき事です。

FXで得た利益に対して税金を払う必要がありますが、その区分も
国内FX会社か海外FX会社かで異なります。

筆者自身、国内も海外も両方使用しています。
それぞれ特徴があるので、それを認識して使えばよいだけの話です。

match-631729_1280但し、何かトラブルがあった時に海外口座で解決するのは
厄介な話になるというのが容易に想像できるので、入金額自体は
圧倒的に国内の方へ多く配分しています。
いずれにせよ、最初は国内のFX会社で色々と勉強して実績を積み上げる
ということを個人的には推奨します。

ここでは、国内のFX業者について話を進めます。

国内主要MT4口座比較

MT4を使える国内主要FX会社の5口座について、比較をしていきます。
他にもMT4を使えるFX会社は存在しますが、まずは以下のFX会社を
使ってみることを個人的にはオススメします。
puzzle-1487340_1280

多くの人が以下の口座を使っている、というのもありますし、
口座開設キャンペーンで、有料で販売されているEA(トレードソフト)
を無料で貰えるというのは嬉しい限りです。
EAによりますが、3万円前後するものを無料で貰えるのですから、
お得感タップリです。
business-742611_1280

ただし、口座開設キャンペーンで貰ったEAは、その口座でしか
動かすことができません。
「口座縛り」と言われたりもしますが、その口座でしか運用できない
という条件付きで無料にてEAが貰える、ということになります。

では、実際に各FX業者の比較をしていきましょう。

なお、共通している点としては、どのFX会社も口座開設、口座維持に
手数料はかかりません。
口座を開設する時も、口座を維持して使っていくのにも手数料無料です。

下に国内主要と言えるMT4が使えるFX会社を挙げました。
この中から、御自身に合うと思う業者を検討してみて下さい。

とは言え、使ってみないと分からないという部分があるので、coins-1523383_1920
期間をかけて一通り使ってみるのが良いと考えています。
実際、自分自身でも以下の口座は既に開設済みです。
そして、資金の割り振りに濃淡がありますが、以下の中では
5つのうち4つを使用中です。

例えばの話ですが、メイン候補とする口座をまずは決め、
後はサブとして色々と試すというのも良いと思います。
もちろん、期間をかけて試していけば良い話です。
実際のトレードだけでなく、入出金や提供情報(セミナー)
なども含めた判断をしていくと良いと思います。

その中で、メインとサブを入れ替える、ということもあると
思います。
自分もメインを固定していません。
自分の場合は、MT4でEAを運用する口座以外に、裁量の
長期、中期、短期で口座を分けて運用しています。
つまりは、用途で分けている、ということになります。

口座 最低取引量 通貨ペア数 GMT設定 特徴
FXTF
FXトレードフィナンシャル
1,000通貨 31 +2/+3
(日足5本)
①最低取引量が異なるコースを自分で随時選択可能。(成行注文方式も異なる)
②2012年1月3日以降の1分足ヒストリカルデータを提供してくれている
③スプレッド/スワップポイントが概ね良好
④ミラートレーダーにも対応している
外為ファイネスト
MT4・ZERO

外為ファイネスト カコテン iOsMA (type DI) EURAUD タイアップキャンペーン
1,000通貨 28 +9
(日足6本)
①スプレッドが狭い
②日足6本となるのは難点だが、1時間足以下の足なら問題なく、概ね良好なトレード環境
OANDA
・プロコース
・東京サーバー

OANDA JAPAN 口座開設
1,000通貨 71 +2/+3
(日足5本)
①ベーシックコースは、両建て不可
②VPSお試し無料期間の提供あり
③複数のサブアカウント(口座)をもつことができる。
④早朝の時間帯は広がるが、スプレッド狭く、約定が早い。
⑤取引可能な通貨ペアが豊富
Forex.com
(ゲインキャピタル)

FOREX.com×タイアップキャンペーン☆Beatrice-07
1,000通貨
49
(WEBでは
「40以上」
と表記)
+9
(日足6本)
①無料VPS(EAホスティング)の提供あり。条件は、申込時に口座残高30万円以上、継続は取引量50万通貨(片道)
②世界180ヶ国以上に展開する巨大グループ
③抜群の取引環境というわけでは無いが、サポート対応含めて安心できる
AVA

アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設
1,000通貨 約50
(WEB情報)
GMT 0 ①ミラートレーダーにも対応している
②入金は他と同水準の利便性だが、出金は出金申請依頼書記入の必要あり、やや面倒なのが難点。

※表中の内容について、正確性を保証するものではありませんので、最終的には
ご自身でご確認下さい。

以下に、各FX会社についてもう少し詳細に見ていきます。

FXTF FXトレードフィナンシャル

①最低取引量が異なるコースを随時自分で選択可能。
(同時に、成行注文方式も異なる)
・最低取引量1,000通貨:1ロット=10万通貨(0.01ロット=1,000通貨))
成行注文はカウントダウン方式
1注文最大発注数量:20万通貨
・最低取引量10,000通貨:1ロット=1万通貨
成行注文はストリーミング方式
1注文最大発注数量:300万通貨

②2012年1月3日以降の1分足ヒストリカルデータをダウンロード可能
時間とデータの紐づけがどのようになっているのか確認できていませんが、
(FXTFは、2015年夏にGMT設定の変更がありました。その影響は未確認)
長期間の1分足ヒストリカルデータを提供してくれるというのは助かりますし
貴重です。

③良い条件のスワップポイント
1,000通貨コース、10,000通貨コース、それぞれでのスプレッドと
スワップをWEB上で一覧表示してくれているので見やすい。
その表を転載します。
なお、スプレッドは日本時間9時から翌日4時までのものとなっています。

FXTFスプレッド1234

④ミラートレーダーのトレードも可能
MT4とは異なる自動売買プラットフォームである、
ミラートレーダーでの取引も可能

スワップポイントが相対的に好条件であることから、
手動での長期口座としても活用しています。

口座開設キャンペーンの千刻は、以前から注目していたEAなので、
ぜひ使用してみたいところではあります。
グリッドトレード用のEAとして、とても多機能かつ使いやすいように
設計されているEAであると評価しています。

以前は、長期にわたりイメージキャラクターとして
「ゆうこりん」(小島優子さん)がいましたが、
今は「こじるり」(小島瑠璃子)さんがおられますね。

FXTFの口座開設をするなら、せっかくなので、口座開設キャンペーンを
活用するのが良いです。
やはり、お得な方法で開設するのがイチバンですから。
キャンペーン自体、費用がかからないのはもちろん、口座開設にも
費用はかからないので、
文字通りタダで貰える!!
のですから、乗らない手はありません。

現在、FXTFの口座開設キャンペーンは、
千刻(せんごく)
というグリッドトレードEAです。

M2JというFX業者のトラリピが有名ですが、一定の刻みで
ポジションを持ち、一定の利幅で決済して利益を積み上げる、
というトレードをしてくれます。

これは、資金管理をキッチリと行い、仕掛け内容も吟味してあれば、
着実に利益を積み上げてくれる可能性が高いものです。
今スグ使う、ということでは無くても、持っておいて損は無いです。
そう、タダ・無料ですから。

千刻を無料で貰うには、こちらから口座開設を行ってください。
fx-onというEAなどを販売しているサイトに無料会員登録する必要があります。
(千刻は、fx-onで販売されています)

FXTF×千刻タイアップキャンペーン

fx-onに無料会員登録するというのが余計な手間を感じる場合には、
キャンペーン無しでの口座開設も可能です。

FXトレードフィナンシャル 口座開設

外為ファイネスト

①スプレッドが狭い
国内MT4口座では、スプレッドが狭い部類のFX会社です。

②日足6本となるのが残念だが、1時間足以下の足なら問題なく、
概ね良好なトレード環境
日足6本というのは、日足や4時間足を使う場合には問題となりますが、
それ以下の時間足でEAを運用する場合には、全く問題ありません。
※例えば、GMT設定が+9(日本時間)のFX会社は日足が6本の
チャートとなります。
これは、月曜の朝から土曜日の早朝までチャートが動くことを
考えると納得できますよね。
GMT設定が+2/+3のFX会社では、チャートが5本です。
世界の多くのトレーダーが、このチャートを見ていると
言われています。
特に問題が無く活用できるので、個人的にはFXTFに次ぐ国内メイン口座として
捉えて活用しています。

外為ファイネストも口座開設キャンペーンを実施しています。
ただ、残念なことに、現在貰えるEAでの運用を個人的には
オススメできません。

EAのバックテストなどを通して、EAを扱うことの練習には使えると思います。
もちろん、EAの使い方次第では、良い結果をもたらしてくれるのかも
しれません。
が、少なくとも、MT4やEAによる運用に不慣れな時期に稼働させるEAでは無い
というのが個人的認識です。

ただ、
外為ファイネスト 選べるカコテン3点タイアップキャンペーンUDSJPY」(←リンク)
は、3つの選択肢から自分で選べるようになっています。
「EAを購入する時に色々と考える経験」を無料で経験できるので、
そういう面でオススメです。
(どれにしようかな~、というのを「購入するつもりで」選択し、
無料でもらいましょう)

そういうことならEAは要らない、という方は、キャンペーン無しで
普通に口座開設をしておきましょう。

外為ファイネスト 口座開設

OANDA JAPAN

①1回の最大発注量などにより3つのコースがあります。
また、ベーシック口座は両建て不可。
・ベーシック:10万通貨
・プロ:300万通貨
・OANDA Japan FX
(TY3 東京サーバー):100万通貨

以前は、両建て不可というのがOANDA JAPAN最大の難点でした。
ただし、現在は可能となっています。

OANDAで残念な点は、
ベーシックコースではEAでのトレードができなくなった
ということです。
(2016年10月31日より)

元々のOANDAユーザーとしては、プロ口座なり新しいOANDA Japan FX
での運用を検討することになります。
個人的には、プロ口座での運用をすることにしました。

OANDA Japan FX(TY3 東京サーバー)の口座では、
なぜか取り扱い通貨ペアが少ないというのもありますが、
最低取引量が1万通貨となっていることが決定的です。

安定して運用する状態では大きな問題ではありませんが、
EAを新たに稼働開始する際には、最低取引量で様子を見ますし、
LOTの大きさを調整するのには、1万通貨というのは
とても不便です。

②お試し無料期間のVPS提供あり
国内VPS業者ではお馴染みの存在である「お名前.com」のVPSを
60日間無料で使用可能。
VPSはどんなものか、お名前.comのVPSの使い勝手はどうなのか?
というのを60日間無料で試すことができます。
自分も使いましたが、無料期間終了後にイヤな勧誘があるとか、
デメリットは無かったので、試してみると良いと思います。

また、BeeksFXという海外VPS業者のサービスを特別価格で
使用可能となっています。
BeeksのVPSを海外口座の無料サービスで使ったことがあるのですが、
個人的にはあまり良い思いをしませんでした。
ただし、低レイテンシーなのは事実なので、そこを重視する場合には
候補となるVPS業者だと思います。

③複数のサブアカウント(口座)を持てる。
複数の口座(サブアカウント)を持てるというのは、
国内MT4口座では稀有な存在で貴重です。
(外為ファイネストも複数持てます)

サブ口座(追加口座)として、1人14口座まで作成可能。
これは、同一口座内で1つのEAを稼働させたいという場合には、
とても便利です。

④日本時間早朝の時間帯は広がるが、スプレッド狭く、約定が早い。
日本時間の早朝となる時間帯は、スプレッドが拡がります。
それ以外の時間帯は、狭いスプレッドが約定が早いという特徴があります。
但し、以前ほどは優位性が無くなった印象があります。

⑤豊富な取引可能通貨ペア
マイナーな通貨ペアでも取引可能です。
例えば裁量でもトレードするという場合に、多くの通貨ペアを
ウォッチしてトレードするという場合には、とても助かります。

残念な点としては、スワップポイントの確認が非常に煩雑な点です。
通常は、付与されたスワップはポイントはMT4上で数字として簡単に
確認可能です。

が、OANDAの場合は、スワップが秒単位で計算され、一日分の
スワップポイントが日本時間午前5時に付与されます。
この時、どの通貨ペアに対するものなのかがわかりませんし、
持っているポジションでの累積スワップもわかりません。
どれくらいスワップが付与されるのかは、WEB上で確認できる
のですが、とてもわかりにくいです。

ただし、MT4ではなく、「OANDA fx Trade」という
取引プラットフォームであれば、1通貨からの取引が可能という
他には見ない特徴もあります。
最低取引量は、1,000通貨というのがほとんどで、中には
10,000通貨というのもある中で、1通貨なので貴重です。

例えば、裁量トレードで、デモ口座での練習の後に、少額で
トレードしたいという場合や、少額で外貨を積み立てたい
という場合に選択肢となります。

EAを稼働させるための運用環境としても、MT4を使った
裁量トレードをする場合でも、個人的には国内口座メインの
1つとして活用している口座です。

2016年7月末までの期間において、5万通貨の取引量があり
応募をすれば、オアンダオープンオーダーという
インジケータが貰えました。
これは、他の市場参加者が置いている売り買いの注文量を
チャート上で見ることができるというものです。
他の市場参加者の狙いの一部を想定できるので、
とても便利なものです。
(8月以降は、10万通貨取引+20万円入金に条件変更予定)

オアンダオープンオーダー
※水色:買い注文 オレンジ:売り注文

オアンダは、こういった口座保有者向けのキャンペーンを
実施したりすることがあります。

現在は、OANDAの口座開設キャンペーンは実施されていません。
淡々と、口座開設してしまいましょう。

OANDA JAPAN 口座開設

Forex.com(ゲインキャピタル・ジャパン)

①無料VPS(EAホスティング)の提供あり。
次の条件を満たすと、無料でVPS(EAホスティング)が使用可能です。
申込時に口座残高30万円以上
継続は取引量50万通貨(片道)

VPSは「お名前」が提供するもので、OSはWindowsServer2008R2です。
(「お名前」自身が提供するサービスとは異なります)
1年以上にわたり使用してきましたが、大きな問題無く、
筆者自身活用させてもらっています。

②世界180ヶ国以上に展開する巨大グループ
巨大な企業、グループだから安心というわけではありません。
現に、おかしなことをしていたFX業者もありましたし。
が、Forex.comはサポートの対応など含めて良い取引環境
だと個人的には認識しています。

③抜群の取引環境というわけでは無いが、サポート対応含めて安心できる
スプレッドを他と比較すれば狭くは無いですし、日足が6本というのも嬉しくは
ありません。
(あまり弊害はありませんが)

が、逆にきちんと企業として利潤を得るべきところで得て企業活動している
とも見えるので、EAホスティングを活用させてもらいながら、サブ口座として
活用しています。
(スプレッドは、取引手数料とも捉えることができ、それはFX業者の収入源)

Forex.comで嬉しいのは、
Beatrice-07が口座開設キャンペーンで貰える
ということです。
シストレ24 2015年度大賞受賞ストラテジーとして知られていますね。

口座開設キャンペーンで無料でもらい、利益を積み上げて貰える
ことが期待できます。

FOREX.com×タイアップキャンペーン☆Beatrice-07

AVA TRADE

①ミラートレーダーにも対応している
FXTFと同様に、MT4とは異なる自動売買プラットフォームであるミラートレーダーにも
対応しています。

②入金は他と同水準の利便性だが、出金は出金申請依頼書記入の必要あり、やや面倒なのが難点
入金については他のFX業者同様にクイック入金に対応しています。
ところが、出金に関してはWEB上だけでは済まされず、出勤申請依頼書に
記入して提出する必要があります。
この作業が地味に面倒です。

個人的には、数年前には複数口座を開いて使用していましたが、
諸般の事情あり、現在は使用していません。

今回の記事作成にあたり、デモ口座を開いてみようとしましたが、開くことが
できませんでした。

取引口座としては、個人的にはあまりオススメしませんが、
口座開設キャンペーンのシグナルは気になります。
もちろん、AIだろうが、利益に間違いなくつながる
ということでは無いと認識しているのですが、
どれくらいのパフォーマンスなのか、という点に
興味があります。

アヴァトレード × 資産運用ロボ・アドバイザーAI 巫かんなぎ

 

以上、国内主要MT4口座(会社)について、特徴を紹介して来ました。
筆者としては、最初に(2つ目、3つ目でも)MT4口座を開設するのであれば、
FXTF
外為ファイネスト
OANDA JAPAN
FOREX.com

あたりが良いと考えています。

取引条件など全体バランスを考えるならFXTF、
現在の口座開設キャンペーンを重視するなら、Beatrice-07を貰える
Forex.comがオススメです。
そして、NDD(ノーディーリングデスク)でクリーンな取引を
期待できる外為ファイネストもオススメです。

そして、使い勝手を確かめながら、色々な口座を開設キャンペーンのEAをもらいつつ
試していくというのが良いと考えています。

ぜひ、御自身にとって使い勝手がよいFX口座を見つけ、資産増加に役立つ
ことを願っています。

ピックアップ記事

  1. グリッドトレードEAを無料で【千刻オススメの理由】

関連記事

  1. FX口座開設

    キャンペーン当選!!FXトレードフィナンシャル(FXTF)

    FXトレードフィナンシャル(FXTF)口座を・裁量FX長期用口座(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援くださり、ありがとうございます!!

FX MISSION ZEROで成功トレーダーに

FX MISSION ZEROは
成功トレーダーへの道標となる。

FXミッションゼロマニュアル完全版




PDFだけでは無く、セミナーDVDで
さらに理解を深める

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

  1. FXミッションゼロ

    1日30分FXトレードの勝ちパターン|FXMZ
  2. FXミッションゼロ

    【実践FXMZ】AUDCHF-M002D1buy
  3. ビットコインFX

    ビットコイン(BTC)FXを安定した収益源とするために
  4. FXミッションゼロ

    【実践FXMZ】NZDJPY-M001D1buy
  5. FXミッションゼロ

    【実践FXMZ】GBPJPY-M001D1buy
PAGE TOP