Dukascopy(デューカスコピー)

FXの新常識 透明なFX取引のために取引手数料

世の中で、常識と思われているものが文字通り多数あります。

「常識を疑ってかかれ」
とも言われます。
「その常識は本当に正しいのか?」
と。

FXのトレードにおいてトレード手数料が無料というのは
ほぼ常識と言えるでしょう。
実際、取引手数料無料というFX業者がほとんどです。
特に国内では多いですね。

口座開設、維持費用が無料なのも常識と言えます。
全てのFX業者と言ってもいいくらい、無料が当たり前となっています。

FXトレード手数料が無料ということは、
「FX業者はどこから収益を得ているのだろうか?」
と思いますよね。

それは、
スプレッド
スワップ
です。
そこにFX業者の利益の源泉があります。

スプレッドは、FX業者によって異なりますよね。
これは、FX業者がカバーしている先の取引状況によって
変わるものでもあります。
そこにFX業者の収益も含ませたものが、
FX取引参加者に提示されるレート(スプレッド)
となります。

なので、数少ない、手数料がかかるFX口座の場合には、
スプレッドが狭い条件でトレードできます。

そして、
FX業者の特徴として、次のように大きく分類することができる
のです。

・DD(ディーリング・デスク)
・NDD(ノーディーリング・デスク)

どちらが良い/悪いというわけでは無いのですが、
FX取引として安心材料となるのは、一般的にNDDだと
されています。

というのも、DDの場合は、トレーダーが発注した内容を
そのままカバー先(市場)へ流すことしてFX業者はしていない、
ということになるからです。
(もちろん、市場へ流している注文もあります)

そう、
トレーダーにとって余計(邪魔)なことをFX業者はしない
方式なのです。
NDDは、取引参加者の注文を市場へ流すことに徹しているのです。

DD方式の一部(少なくは無いようです)業者は、
トレーダーの損失が業者の利益となるような方式であることから、
トレーダーの不利益につながる「操作」をレートに
仕掛ける場合があると言われています。
※全てのFX業者では無いことに注意。

不可思議なスプレッドの拡大
レートが一瞬だけ飛ぶ
などによって、トレーダーが設定したSLがつき、
ロスカットになってトレーダーの損失
FX業者の収益、となるのです。
(FX業者が当該トレーダーの注文を市場に
流さずに、完全に呑んでいた場合)

もちろん、スプレッドの拡大やレートが飛ぶという現象
全てがFX業者の操作によるものとは言えません
が、そういうことが発生する温床がDD方式には
存在するということを留意すべきということです。

そう、DD方式が駄目というわけではありません。

安心できる要素となるはずのNDDも、万全ではありません。
FX業者が介在する余地はあります。
なぜなら、スプレッドにFX業者の収益となる源泉が
含まれているからです。

では、どんな業者なら安心できるのだ??
という疑問が湧きますよね。

安心してトレードできるFX業者、その基準の一つがECNであること
となります。

ECN(Electronic Communications Network)は、
NDDの中でもFX業者の操作が介入することは無く
外付けの手数料となることにより、FX業者はその手数料を
収益の源泉とすることができるからです。

つまり、トレーダーが長期にわたり、なるべく多くのトレードを
することがFX業者の利益に繋がるということになります。
なので、特定のトレーダーの損失につながるようなことを
しなくても、企業として存続するための収益源が
存在するのです。

海外業者においては、同じ業者でもECNとそうでない口座とを
選択できる場合があります。
筆者自身、MY FX MarketsのECN口座を使用しています。
(それ以前は、STP口座を使用していましたが、「怪しさ」
を実感したのでECNへ変更しました)

ECNやNDDの業者は、トレード自体に安心感があるものの、
トレードしていく上での注意点があります。
それは、スワップ条件です。

本来、スワップは買いでも売りでも同条件であって良いはず
ですが、多くの業者で「買い」、「売り」にて
付与されるスワップが異なります。
そして、その開き具合が業者によって大きく異なります

ECNやNDDの場合、トレード自体については手数料
(外付けなりスプレッドに含まれている)を
収益源としていますが、スワップでも稼ごうとしているのが
見え見えとなっているFX業者もあります。

ただし、デイトレードなり日をまたがないようなトレードを主体と
する場合には、影響が無い話です。

国内業者でECN口座が使えるのはどこ?

残念なことに、国内口座でECN方式を採用しているFX業者(口座)は
少ないです。
と言いますか、筆者が把握している限りでは一つだけです。

そのFX業者は、
デューカスコピー・ジャパン(Dukascopy Japan)
です。

スイスフランショック前は、MT4が使える業者として国内口座で
多くの人に活用されていたアルパリジャパンの株式を取得して
生まれたFX業者です。

アルパリジャパンは、親会社が破綻したことにより、営業停止して
しまったので、残念がる自動売買トレーダーが多数いましたね。

そんなことがありましたが、デューカスコピー・ジャパン(Dukascopy・Japan)
誕生ににつながっています。
アルパリジャパンの株式をデューカスコピーが取得し、デューカスコピー・ジャパンが
誕生したということになります。

デューカスコピー・ジャパンは、ご存知の通り親会社はスイスの銀行である
デューカスコピーSAです。

デューカスコピー・ジャパンは、
・安心感のある国内FX業者
・国内では稀有(唯一かも)なNDD・ECN方式の外付け手数料制
絶対的な透明性のあるトレード環境を提供してくれる
・取扱通貨ペアが48通貨ペアと豊富
・安心の完全信託保全
株式会社SMBC信託銀行と保全信託契約を締結している。
FX口座にてお預けた資産は、完全信託方式により保全されている。
・先進のトレードツール JForexを使用できる
裁量、自動売買の両方に対応

自動売買と裁量トレードの両方に対応するトレードツール(プラットフォーム)
としては、やはりMT4が良く知られた存在であり、そして多く使われている
のはご存知の通りです。

JForexは、日本での知名度としては「これから」といったところでは
ありますが、きっとMT4に知名度でも肩を並べる存在になることでしょう。

それが見えている以上、やはり周囲に先んじて先進のツールを
自分で使ってみて試すというのが賢明な選択です。
高い透明性のスイスマーケットプレイス(SWFX)と共に、
デューカスコピー・ジャパンのFX口座を使用することの
メリットを存分に享受しましょう。

そのために、外付けの手数料となっていることを受け入れれば、
高い透明性
優れた流動性
を誇るスイスマーケットプレイス(SWFX)でのトレードが
可能となるのです。

実質的な取引手数料は、通常スプレッドに含まれているので
実感がありませんが、相当するコストはどのFX業者でも自然と支払っています。

手数料が明朗であるという点も、高い透明性を誇るSWFXの
一つと言うことができます。

さあ、常識外れの外付け取引手数料、とても高い透明性を誇る
デューカスコピー・ジャパン口座で、常識外れと言われるくらいの
利益を積み上げましょう。

※利益を積み上げられるトレードルール、そしてそれを着実に実行できるマインド
が必要なのは言うまでもありません。

<注意点>
手数料を支払う業者であれば高い透明性で自分にとって
良い選択肢になる、というものでは無いことに注意が必要です。
というのも、スプレッドが広めなのに手数料がかかり、
さらにはスワップもそれほど良くない、というトレードシステムに
強い特徴を持たせたFX業者も存在するのです。
もちろん、その特徴を活かすために使うというなら良いのですが)

ピックアップ記事

  1. グリッドトレードEAを無料で【千刻オススメの理由】

関連記事

  1. Dukascopy(デューカスコピー)

    JForexという賢い選択 デューカスコピージャパン

    ファイナンシャルフリーを実現するための手段としてFXを選ん…

  2. Dukascopy(デューカスコピー)

    SWFX2つの原則、5つの特徴|デューカスコピージャパン

    FXでファイナンシャルフリーを実現するために、重要なポジションの一…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援くださり、ありがとうございます!!

FX MISSION ZEROで成功トレーダーに

FX MISSION ZEROは
成功トレーダーへの道標となる。

FXミッションゼロマニュアル完全版




PDFだけでは無く、セミナーDVDで
さらに理解を深める

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

  1. 仮想通貨

    ビットコインなど仮想通貨口座の超簡単!開設方法|bitFlyer(ビットフライヤ…
  2. Dukascopy(デューカスコピー)

    SWFX2つの原則、5つの特徴|デューカスコピージャパン
  3. FX口座開設

    口座(FX業者紹介)
  4. はじめに

    「FXでファイナンシャルフリー」サイトへようこそ
  5. 仮想通貨

    仮想通貨購入|取引所と販売所のどちらで買う!?
PAGE TOP