グリッドトレード

グリッドトレードEAを無料で【千刻オススメの理由】

老後のピンピンコロリのため
住宅購入資金
愛する子供の教育資金
愛車の購入資金
その他、自分の趣味に興じるための資金

このように、理由は様々だと思いますが、比較的大きな額の
資金を準備する必要が人生の中で何度か訪れます。

そのタイミングや額がだいたい把握できるので、そこに向かって
資金を準備していますよね、皆さん。

管理人自身、まさに上で挙げた理由により
FX(裁量、自動、積立)
(株主優待もらいつつFXの証拠金としても活用)
投資信託(少額で毎月積立中)
iDeCo(イデコ):個人型確定拠出年金にで節税しつつ資産構築
などで資産運用しています。

FX、株、投資信託は激しいジェットコースターのような
運用をしていた時期もありましたが、今では安定した
運用結果を残せるようになりました。
(FXにおける勝利の方程式、10の勝ちパターンという
フレームワーク:FX MISSION ZEROにより、FXにおいて
利益を着実に積み上げることができるようになりました。
その好影響は、他の投資対象に広がり、さらには人生全般にも
広がりを見せています)

今後もこれらの運用を継続していきます。

なぜグリッドトレードで継続的に運用しているのか

管理人自身の投資対象として、FXがその多くを占めているのですが、
その中でもグリッドトレードは長きにわたり一定割合を占めています。
その理由/背景を紹介します。

背景

裁量トレードでも、自動売買でも、常に一定の利益を獲得できるわけでは
ありません。

それを前提に、より安定した利益を獲得するための1つの方法として
一定の値幅でポジションを持ち、一定の利幅で決済をする
という方法があります。

それはグリッドトレードと呼ばれ、爆発的人気を獲得するような
トレード方法ではありませんが、どんな投資環境においても
一定のユーザーがいるであろうというトレード手法です。
(M2J社の提供しているトラリピと似たトレード手法です)
テクニカルインジケーターを使用した裁量トレード、
自動売買においては、どうしても相場との相性が良くない時期という
のがあり、獲得利益には波が伴います。

トレード対象とする通貨ペアや観察/トレードするチャートの時間足を
相場ツキにより変えたりするということで、獲得利益の波の大きさを
小さくするということも狙えます。

管理人が裁量トレードで則っているFX MISSION ZEROでは、
20以上の通貨ペアをトレード対象とし、かつ1日30分以内の
トレード時間を目指すというものです。

ということで、裁量なりテクニカルを使用した自動売買という
枠の中で考えることも悪くありませんが、それにプラスして
グリッドトレード
という有望な方法を採用することは、獲得利益の安定した積み上げに
効果的であると考えています。

グリッドトレードのメリット

では、グリッドトレードのメリットを見て行きましょう。
1.トレード結果に影響するのは値動きの幅だけ
テクニカル指標やアノマリーなどを活用したトレードとは異なり、
グリッドトレードのトレード結果に影響するのは値動きの幅だけです。

設定した値幅の刻みで淡々とポジションをとる
設定した利幅で淡々と利益確定をする

これを延々とひたすら自動で繰り返すだけです。

そう、「自動」であることもキーポイントですね。

最初に
ポジションをとる値幅の刻み
利益確定をする利幅
損切をするのであれば、損切り幅
設定しておけば、あとは一定周期でトレード結果を確認するだけです。

もちろん、トレード開始前に、
1.厳密な資金管理:ムリの無いポジション量(仕掛け量)である
2.通貨ペアの選定
3.トレード設定の検討と設定(ポジションの刻み幅、利益確定幅、損切幅)
4.仕掛け(トレード)開始タイミングと終了タイミングの判断基準決定
をしておくことが必要です。

グリッドトレードのデメリット

メリットがあれば、デメリットも当然あります。
ハイ、世の常ですね。

グリッドトレードにおけるデメリットと言えば、やはり
含み損を抱える期間が短くは無い、その額も小さくは無い
ということがあります。

含み損を抱える期間は、設定により様々です。
そして、含み損を小さく抑えることを獲得利益の大きさよりも
優先するというなら、それなりの設定/考え方も存在します。

このへんの考え方や手法は、文字通り多種多様なものがあるので、
別記事にてしっかりと紹介致します。

グリッドトレードとは

グリッドトレードについて、大まかに紹介してきました。
全くご存知なかった方は、おぼろげながらもご理解いただけたかと思います。
既にご存知の方については、おさらいになっていれば幸いです。

これからは、実際にグリッドトレードを進めるための方法について
紹介していきます。

なお、さらに具体的な話、例えばどのFX業者を使うか
どのような設定が考えられるのか、などについては、
別記事にて紹介していきます。

グリッドトレードとはどんな手法なのか/どのように実現するのか

グリッドトレードとはどんな手法なのか、というのは
これまでに紹介してきたので、ここでは、どのように
実現/実行していくのか、について紹介していきます。

本記事では、グリッドトレードと言えばコレでしょう!!と
管理人が高く評価しているEA(自動売買ソフト)を
紹介します。

EAを使わずに、FX業者/証券会社が提供するシステムを活用する
方法もあります。
それらについては、別の記事で紹介していきます。

どのように運用するのか

ということで、ここでは、MT4というFXのトレードをしていく
中では外せないFXトレード用のプラットフォーム/ツール
を使用する自動売買ソフトを紹介します。

その名も
千刻
です。

EA作者に確認はしていませんが、
1ポジション千通貨で一定の値刻みでポジションをとるトレード
をするところに由来するEA名称だと想定しています。
もちろん、1ポジションあたりの通貨を千通貨よりも大きくする
ことは可能です。

裁量なり自動売買でMT4を使用している方であれば、敷居は
かなり低いと思います。

FX初心者さん、MT4初心者さんであっても、これを機に
MT4に慣れるというつもりで取り組めば、大したことは
ありません。

知りたいこと、困っていることをグーグルで検索すれば、
簡単に見つかります。
当ブログでも紹介していきます。

千刻は、有料で販売されているMT4用の自動売買用ソフト(EA)
ですが、口座開設キャンペーンを活用することで、
なんと無料でゲットできる逸品
でもあります。

口座開設キャンペーンの特典に選ばれるということは、
FX業者にも評価されているのでしょう。

キャンペーンについては、記事の最後に紹介します。

グリッドトレードの設定方法

グリッドトレードとは、既に紹介したように
一定の値刻みでポジションを持ち、一定の利幅で利益確定をする
という至ってシンプルなトレード手法です。

が、どんなトレード手法にも応用編があるように、
グリッドトレードにも多種多様な応用編が存在します。
もしくは、肝となるものがあります。

その一つが通貨ペアの選択です。
グリッドトレードの設定において、大きな検討項目となるのが
通貨ペアの選択です。

ここがうまくできないと、トレード結果にも大きく影響します。

では、どのように選択するのか・・・。

・・・

・・

それはですねぇ~

はい、ただ一つの正解というのは存在しません(キッパリ)。

ここは、自分がどのようなトレード結果を望むのか?
そのためにはどのような値動きのものが望ましいのか?
それに叶うのはどの通貨ペアなのか?

というように検索することになります。

例えば、「自分がどのようなトレード結果を望むのか?」については、
『通常想定すべき含み損をなるべく小さくしたい』というのであれば、
長期的トレンドが出始めた通貨ペアを探します。

トレンドが継続すれば、逆行する値幅が小さくや期間が短いと
想定されるので、結果的に含み損が小さくなることが期待できます。

これとは逆になりますが、一定のレンジ内に収まることが
強く想定されるなら、レンジ相場の通貨ペアを選択する
という考え方も成立します。

もっとも、その場合はレンジ外に動いた場合は、さらに大きく
動くことを想定すべき状況となるはずなので、稼働停止や
ロスカットの基準を明確に決めておき、確実に実行することが
より強く求められます。

豊富な資金をバックに、『より大きな利益を目指す』
というのであれば、値動きの大きいポンドクロスの
通貨ペアを選ぶというのも選択肢となります。

もちろん、1ポジションあたりの通貨量を大きくしたり、
値刻みを小さくするというのも選択肢となります。

ただ、いずれの場合も、厳密/厳格なる資金管理が前提ですが。

また、ポジションの保有期間が長くなることも想定されるので、
通貨ペアの選択と共にポジションの方向(買い/売り、ロング/ショート)
も重要な選択肢となります。

できれば大きなプラスのスワップポイントが望ましいですし、
大きなマイナスのスワップポイントとなる通貨ペア/ポジション方向は
回避したいところです。

通貨ペアだけでも様々なことを考える必要がありますが、
・想定する値動きの範囲
は獲得利益や想定すべきドローダウン、グリッドトレードの
トレード終了の基準に関わることなので、重要な項目です。

もっとも、いくつかの通貨ペアについて検討する中で、
どのようなことが肝となるのかが分かるようになるので、
気後れする必要はありません。

いくつかの通貨ペアについて、いくつかの設定にて
バックテストを実行していれば、スッと腹に落ちる
時が来ます。

なぜ千刻なのか

当ブログ管理人は、数年前からグリッドトレード用のEAとして
千刻推し
でした。

そのわりに、千刻を活用している期間は長くないのですが、
ここで千刻について紹介します。

千刻は、世界的に重用されているFXトレードのプラットフォーム/ツール
であるMT4上で動くEA(エキスパート・アドバイザー:自動売買ソフト)です。

通常は、有料で販売されているのですが、FXの口座開設キャンペーンで
無料にてゲットできるウハウハ(笑)な手段でも入手できます。

これら入手ルートについては、記事の最後に紹介します。

千刻のメリット

千刻のメリットは、何といっても、その高い柔軟性に尽きます。
高機能であるというのもメリットと言えますが、やはり
柔軟性を強調したいと思います。

・EA設定の柔軟性
グリッドトレードをするEAはいくつもあるのですが、
その多くは高い柔軟性を備えていません。

例えば、グリッドトレードを実行する中で、途中で
仕掛け範囲や刻み値幅を変更すると大混乱(泣)

多くのEAは、そういったEA設定の変更に対応できる
ロジック/コーディングになっていないのか、そのような
ことになります。
(全てのEAを確認しているわけでは無いので、
混乱せずに涼しい顔して大人の対応をしてくれるEAが
他にもあるかもしれません。)

千刻は、稼働途中にEA設定を変更しても、
何事も無かったかのように、スッと対処してくれます。

要因の全てではないという認識ですが、多くのグリトレEAは
ポジション毎にマジックナンバーを付与していますが、
千刻は共通したマジックナンバーを付与します。
(ただし、若干イレギュラーとなる「ポジション集約」をした場合には
別のマジックナンバーを付与します)

これは、myfxbookなどでトレード結果を管理/解析する場合にも
便利です。

千刻のデメリット

メリットを挙げるなら当然デメリットを挙げるべきなのですが、
あまり思いつきませんね・・・(笑)。

もちろん、要望は存在します。
が、二律背反あるからなぁといったところです。

それでも・・・、と敢えてデメリットを挙げるなら、
設定項目が多いので、EA初心者さんには敷居が高い印象
を与えるかも、と言ったところがありますね。

EA設定項目としては多数ありますが、実際に
変更するような箇所は少ないですし、設定ファイルを
使いまわすことを覚えてしまえば、実に簡単です。

そういった小ネタも紹介していきたいと考えています。

千刻のEA設定内容

上で述べたように、千刻のEA設定項目は、項目数としては
少なくありません。

が、実際に変更する部分は意外と少ないです。
そして、設定内容を保存しておいて使いまわすということを
覚えれば、設定作業自体で戸惑うことは無いと思います。

では、千刻のEA設定項目を紹介しましょう。
まず、EA設定画面の紹介です。
キャプチャしたものをご覧ください。

項目数としては45あるので、多いな~という印象がありますが、
通貨ペアを変更する場合、実際に変更するのは、以下に挙げるもの
を一先ず設定すれば、基本的な設定は完了します。
(損切する場合には、それにまつわる設定を変更する必要があります)

ポジション方向を設定するものとして、
・xBuyOpen、xSellOpen
・xBuyClose、xSellClose

ポジションを持つ範囲を設定するものとして
・xBuyMaxPrice、xSellMaxPrice
・xBuyMinPrice、xSellMinPrice

ポジション量を設定するものとして
・xBuyLots、xSellLots
・xBuyIntervalPips、xSellIntervalPips

利益確定幅を設定するものとして
・xBuyProfitPips、xSellProfitPips
があります。

EA設定について、全ての項目をここでは紹介しきれないので、
別記事にて項目毎に紹介する予定です。

千刻の運用例

管理人が実際にFXトレードフィナンシャル口座で稼働している内容を
紹介します。

2017年9月時点でのグリッドトレード対象として、
・豪ドルクロス
・カナダドルクロス
・ポンドクロス
と管理人は考えています。

実際、そのようにグリッドトレードによる仕掛けで運用しています。
今回、新たにグリッドトレードによる運用を千刻にて
開始しています。

これは、既にグリッドトレードによる運用をしている通貨ペアは除き、
その上で上記通貨ペアの中から選択する、ということで
AUDCHF(豪ドル・スイスフラン)
を選択しました。

この通貨ペアは、長きに亘りトレードしている通貨ペアで、
最近まで別口座で運用していましたが、口座整理の一環で
中断したという経緯があります。

今回は、FXトレードフィナンシャル口座にて、
千刻を使用してロング(買い)方向の仕掛けをしています。

AUDCHFのロングなので、プラスのスワップなのですが、
地味に利益を積み上げてくれます。

AUDCHFは、月足で-1σを下回り続けるバンドウォーク後、
-1σを上回り、波打ちながらも上昇を継続し、0.774
を上回って更に上昇しようかという状況にあると
見ています。
(下図はAUDCHFの月足チャートです)

直近では、日足のボリンジャーバンドセンターラインに
支えられているようにも見えるので、すぐにドン!!と
上がらなくても、遠くないタイミングで0.774を上抜けて
上昇するというシナリオを描いています。

日足終値でボリンジャーバンドセンターを下回る、
日足終値で0.759を下回るということがあれば、
豪ドルやスイスフランの状況も鑑みて、場合によって
新規エントリーの中断を選択肢として持つことにしています。

0.718も下回るようなら、撤退というのを選択肢として
持ちます。

今後のトレード状況について、グリッドトレードの考え方と共に
紹介していく予定です。

グリッドトレードに興味があるあなたの役に立つ情報をシェアしたり、
実例の1つとしてトレード結果を紹介していく予定です。

柔軟かつ高機能なグリッドトレードEA・千刻を無料ゲットする方法

高機能なグリッドEAである千刻を無料でゲットする方法
というのが存在します。

なんとウレシイ話なんだっ!!

ただ、その対象は限られます(泣)

市販されているEAを無料でゲットできるというと、勘の良いあなたは
お気づきでしょう~。

そう、口座開設キャンペーンです。

FXトレードフィナンシャルの口座新規開設して5万通貨の取引を行うことで、
通常21,600円で販売されている千刻無料ゲットすることができます。
ただし、キャンペーン期間があるので、そのへんは下記リンクのサイトから
問い合わせをしてください。
口座開設キャンペーンの対象となるには、まずは下記リンクをたどって
口座開設をすることが必要です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

ピックアップ記事

  1. グリッドトレードEAを無料で【千刻オススメの理由】

関連記事

  1. グリッドトレード

    一定の値幅でトレードを繰り返すグリッドトレード

    FXのトレード手法の1つとして、一定の値幅でトレードを淡々と繰り返す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援くださり、ありがとうございます!!

FX MISSION ZEROで成功トレーダーに

FX MISSION ZEROは
成功トレーダーへの道標となる。

FXミッションゼロマニュアル完全版




PDFだけでは無く、セミナーDVDで
さらに理解を深める

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

  1. グリッドトレード

    一定の値幅でトレードを繰り返すグリッドトレード
  2. 仮想通貨

    bitFlyer口座レビュー:ビットコイン取引量日本一|仮想通貨取引
  3. 仮想通貨

    ビットコインとは?|仮想通貨の基軸通貨
  4. MT4について

    MT4の操作、設定について
  5. MT4口座

    国内主要MT4口座の比較 オススメMT4口座
PAGE TOP