仮想通貨

仮想通貨購入|取引所と販売所のどちらで買う!?

2017年に何かと話題を提供していたビットコイン
筆頭とする仮想通貨

2018年も引き続き話題の主となること間違いナシでしょう。
早速、2018年は各仮想通貨の価格が暴落と言われるくらいに
下落しており、話題を提供しています。

この下落に関しては、2017年に暴騰と言われるくらいに
上昇した価格の反動であり、ある意味で正常な【調整】
と捉えた方が良いというのが管理人の個人的な見解です。

時間的にも、そして価格的にも、このへんで一旦の調整を
はさんでくれた方が、この後の上昇に乗りやすいという
見方をしています。

もちろん、この先どのような値動きとなるのかは、分かりません。
分からないのを前提にしたうえで投資/トレードを進めて
利益を積み上げていくための行動を着実に確実に進めて行きます。
FXや株式のトレードと同様に、仮想通貨でも資金管理が
前提となるのは言うまでもありません。

さて、仮想通貨のトレードをしていくうえで、いくつかの
基礎知識を理解しておく必要があります。

今回は、そういった基礎知識の中でも実践的なことを
考えて行きましょう。

それが、タイトルにもあるようにビットコインなどの仮想通貨を
『取引所と販売所のどちらで買う!?』
かということです。

どちらで?というくらいなので、仮想通貨を購入するには、
・取引所
・販売所
のどちらかで購入することになります。

それぞれどんなところかと言えば、その語感のまま捉えておけば
そう間違いはありません。

仮想通貨の『取引所』とは、取引所というように、仮想通貨を
売買したい人が集まる場です。
実際にそのような場所があるわけでは無く、『買い』、『売り』の
それぞれの注文が集まる場所ということです。

一方の『販売所』ですが、文字通り仮想通貨を販売しているところです。
ただし、売却することもできます
購入することも、売却することもできるのが販売所です。

ここで、疑問がわきますよね?
取引所も販売所も同じように仮想通貨を購入したり売却したりすることが
できるのであれば、どんな違いがあるの?と。

では、仮想通貨の取引所と販売所、両者の違いを見て行きましょう。

1.購入・売却する相手

取引する相手が取引所と販売所で異なります。

『取引所』は、他の(売買しようとしている)市場参加者
『販売所』は、自分が売買しようとしている口座の運営会社

『取引所』は、自分以外の市場参加者を相手に売買しているので、
株式FXくりっく365と同様に市場参加者の発注状況を「板情報」
として確認することができます。

取引所を運営したり注文を取り次ぐ会社は、取引手数料が主な収入源となります。
取引手数料は明確に規定されているので、目に見えやすいものです。
(手数料無料(キャンペーン含めて)としている取引所もありますが)

『販売所』は、自分が使用している(売買しようとしている)口座の
運営会社を相手に売買をしている、ということです。
「相対取引」ということになります。
FXも多くは相対取引です。

2.取引コスト

仮想通貨を購入、売却するには、取引する上でコストを必要とします。
(少しだけ、上でも説明しました)

まずは、一番分かりやすいのが取引手数料。

株式のトレードをしたことがある方であればお分かりかと思いますが、
株式の購入、売却には手数料がかかります。

このコストはきっちりと明示されており、購入/売却価格の刻み毎に
○○円と明確に提示されています。
取引額、条件により幅を持っているので、取引する証券会社毎に
確認が必要ではあります。

そして、実は最も重要であり、取引コストに大きく影響するのが
見えざるコストです。

FXのトレードをしている方であればお馴染みの『スプレッド』です。

身近な例で言うと、不要なものを中古品買取・販売店で引き取ってもらう(売却)価格
と、同じものが中古買取・販売店の販売棚に並んだ時の(販売)価格には差があります。
もちろん、
売却(買取)価格 < (店頭)販売価格
となっています。

この差額は、中古品買取・販売店の運営経費・利益などで構成されます。

仮想通貨の場合でも自分が
購入する価格
売却する価格
には差があります。

当然のこととして、
売却価格 < 購入価格
となります。
つまり、購入した直後に売却すると、損失となるという
ことになります。

既述のように、これがスプレッドと言われるものです。

そして、別項で紹介しますが、このスプレッドは取引所と販売所で
大きく乖離しています。

取引コストだけのことで比較するなら取引所だけで取引したくなるくらい
取引所の方が圧倒的に狭いスプレッドです。

販売所では、購入するにしても、売却するにしても、
明示されてはいない、そしてとても無視はできない小さくないコストが
かかっているのです。

ならば『販売所なんて不要で相手にしなくても良いのでは?』
となってしまいそうですが、販売所には販売所のメリット
きちんとあるのです。
それは、別項で紹介します。

では、販売所での取引手数料(取引の要するコスト)について、
もう少し見てみましょう。

販売所の場合、取引手数料が無料となっている場合がありますが、
だからと言って取引に関して手数料的なコストが
かかっていないというわけではありません。

目に見えない(見えにくい)コスト
がかかっているのです。

それは「スプレッド」が存在することによるものです。

スプレッドとは、「売値」と「買値」の差のことを指します。
前述の通りです。

同じタイミングでの同じ通貨でも
買値が1,010円
売値が 990円
というように売る時と買う時で差(スプレッド)があるのです。

で、このスプレッドが販売所により異なり
同じ販売所でも通貨やその時の
状況で異なるのです。

そして、スプレッドがどれくらいなのかを知りたければ、
売値と買値の差を計算すればスプレッドの大きさを把握する
ことができます。

このスプレッドが、小さいとは言えない(思えない)レベルにあるため、
そして常に一定なわけでは無いということで、なるべく低コストで
取引をしたいという場合には注意が必要なのです。

もちろん、それによって運営会社の収入となり、それがあるから
運営会社が経営していけるのだという面もあります。
ただし、FXのように競争が激しくなると、スプレッドの狭さを
争うようになる可能性もあります。

取引単位

取引単位も語感の通りに理解して間違いはありません。
取引する場合の最小刻みです。

で、これは取引所や販売所によって異なります。
ビットコインを例にすれば、概ね
0.0001BTCまたは0.001BTCに設定してある所が多いです。

仮想通貨の種類によっても異なるので、実際に取引する場合には
事前に確認をしましょう。

余談ですが、ビットコインの場合は1ビットコイン(BTC)の
1億分の1Satoshi(サトシ)として定義されています。
なぜサトシとしているのかと言えば、ビットコインの生みの親
とされている「ナカモトサトシ」さんから来ているという
ことになります。

取引所のメリットとは?

仮想通貨取引所のメリットは、何といっても
相対的に(販売所と比べて)『小さい取引コスト』
と言えます。
もっとも、取引量だったり市場参加者が豊富であるという
のが前提ですが。

そして、もう一つの大きなメリットは
『指値注文』が使える
という点です。

基本的には、取引所で取引を行い、
・取引所では扱っていない仮想通貨を売買したい
・手軽に大きな量の仮想通貨を一定のレートで取引したい
という場合に販売所の活用をするというスタンスで
良いというのが筆者の個人的見解です。

販売所のメリットとは

仮想通貨販売所のメリットは、何といっても
取り扱う仮想通貨の種類が豊富である
とうことです。

例えば、取引所ではビットコインやいくつかのアルトコイン
(イーサリアムやリップルなど)しか扱っていないという
場合でも、販売所では、それら以外のアルトコイン
(ビットコイン以外の仮想通貨)も扱っているということになります。

販売所によって取り扱う仮想通貨の種類が異なるので、
仮想通貨をトレードする場合には、複数の販売所/取引所の
口座を開設しておくと便利です。

同じ販売所/取引所でも、取り扱う仮想通貨が増えるという
場合もあるのですが、手数料やスプレッド、入出金手数料
など全て踏まえて自分にあう販売所/取引所を活用するのが
良いと考えますよね?

そして、活用するのは1つには絞らず、複数を前提とする方が
より賢明であると考えます。

このへんは、FXにおいても同様で、自分にとってより良い
口座を探すために、いくつもの口座を「試す」ことが必要です。

仮想通貨では、まだまだ業界の勢力分布が移り変わるので、
「ココ!!」と決めつけずに、より柔軟に見て行く必要があります。

とは言え、あまりそういったことを気にしないというのも
アリではあります。
(投入する時間の優先度などもあるので)

もう一つ忘れてはならないのが、販売所のメリットとして
大きな取引量でも一定の価格で購入/売却が可能
という点があります。

取引所では、市場参加者が出している注文次第ということに
なりますが、販売所であれば、上限の取引量以下であれば、
提示されたレートで購入/売却が可能です。

如何でしたでしょうか?
仮想通貨を取引する場合に取引所を活用するか、販売所を活用するか、
という判断材料となっていると幸いです。

仮想通貨取引を決済に使うのではなく、資産構築/防衛の一環として
実行するのであれば、取引する仮想通貨だけでなく、
そのための口座(取引所/販売所)選択重要です。

限られた時間内でしっかり検討し、さらに分散して
活用するというのも頭の隅に置いておいていただき、
より良い取引へとつなげていただければ幸いです。

ピックアップ記事

  1. グリッドトレードEAを無料で【千刻オススメの理由】

関連記事

  1. 仮想通貨

    2段階認証をアプリで設定|仮想通貨取引のセキュリティ

    仮想通貨取引をするにあたり、今や当たり前のこととして導入が必要な…

  2. 仮想通貨

    【仮想通貨取引便利ネタ】仮想通貨口座への入出金用銀行の決定版|住信SBIネット銀行

    仮想通貨取引をする上で必要なものと言えば・・・。仮想通貨の取引…

  3. ビットコインFX

    ビットコイン(BTC)FXを安定した収益源とするために

    仮想通貨(現状、主にビットコイン)トレードを安定した 収益源の1つ…

  4. 仮想通貨

    ビットコインなど仮想通貨口座の超簡単!開設方法|bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっており、支払いにビット…

  5. ビットコインFX

    【実践ビットコインFX】BTC-FX/JPYでレバレッジ活用_20180323

    仮想通貨を押し目で買って長期ホールドというのは長期的資産構築の一つ…

  6. 仮想通貨

    bitFlyer口座レビュー:ビットコイン取引量日本一|仮想通貨取引

    仮想(暗号)通貨を取引するためには、取引用の口座開設をする必要があ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援くださり、ありがとうございます!!

FX MISSION ZEROで成功トレーダーに

FX MISSION ZEROは
成功トレーダーへの道標となる。

FXミッションゼロマニュアル完全版




PDFだけでは無く、セミナーDVDで
さらに理解を深める

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

  1. 未分類

    ビットコインなど仮想通貨をMT4で分析|FXTF口座
  2. FXミッションゼロ

    【実践FXMZ】EURCHF-MISSION001D1sell
  3. 仮想通貨

    【仮想通貨取引便利ネタ】仮想通貨口座への入出金用銀行の決定版|住信SBIネット銀…
  4. FXミッションゼロ

    【実践FXMZ】EURNZD-MISSION003D1sell
  5. FXミッションゼロ

    【実践FXMZ】AUDNZD-MISSION002D1buy
PAGE TOP