仮想通貨

bitFlyer口座レビュー:ビットコイン取引量日本一|仮想通貨取引

仮想(暗号)通貨を取引するためには、
取引用の口座開設をする必要があります。

銀行証券会社FX業者などで多数の口座
保有していると思います。
自分が開設している口座を全て把握していますか?

基本、これらの口座開設・維持は無料なので
(極一部の例外はあるかもしれません)、
使う可能性がある口座は予め開設の申請を
しておくと、いざという時にスムーズな取引が
可能となります。

2017年は仮想(暗号)通貨、またはビットコインという
言葉を見たり聞いたりする機会が爆発的に増えました。

翌2018年1月になっても、その傾向は継続しており、
これはしばらく続くものと思われます。

仮想通貨は、送金や決済の手数料が安いというのが
当初注目されるポイントでした。
実際に、送金の際には安い手数料で送金できるということで
一定の評価がされていたようです。

ところが、決済用としての機能を発揮するには、
まだまだ機が熟していないようです。

ビックカメラでの決済にbitFlyerによるビットコイン決済
が可能となったというのがニュースになりましたが、
・ぐるなび
ぐるなびPay
・IDOM(旧社名:(株)ガリバーインターナショナル)
bitFlyerウォレット
でもビットコイン決済が可能となっています。

ちなみに、IDOMでは輸入中古車専門店「LIBERALA」(リベラーラ)全24店
でのビットコイン決済が可能です。
1会計につき1億円相当のビットコインを上限に支払い可能
ということです。

こういったビットコインによる決済が可能な店舗が爆発的に
増えることが期待されます。

現状、送金や決済に小さくない課題を抱えているということもあり、
当面は「トレード対象」としての見方をされることが
多くを占めることになるでしょう。

そんな仮想通貨取引の入口として相応しいbitFlyer
特徴について見ていきましょう。

名だたる企業が株主として名を連ねている

会社の信頼性をはかるモノサシとして、株主構成
見るというのがあります。

もちろん、それはいくつもある指標の一つであり、
仮想通貨の取引を実行するための取引所/販売所としての
信頼性や使いやすさ、サービス内容の優劣を示すものでも
ありません。

しかしながら、株主構成を見ることで、どれくらいの
評価を受けているかというのをはかるモノサシの一つとして
活用できるのです。

ということで、bitFLyerの(主要)株主構成を見てみましょう。
代表取締役 加納裕三さん
取締役 CTO 小宮山峰史さん
株式会社ベンチャーラボインベストメント(その他/ベンチャーキャピタル)
インキュベイトファンド(その他/ベンチャーキャピタル)
SBI investment(金融系/ベンチャーキャピタル)
三菱UFJキャピタル株式会社(金融系/ベンチャーキャピタル)
三井住友海上キャピタル株式会社(金融系/ベンチャーキャピタル)
Digital Currency Group(ビットコインファンド)…米国
合同会社RSPファンド5号(IT系/ベンチャーキャピタル)…リクルート
電通デジタルホールディングス(IT系/ベンチャーキャピタル)
East Ventures(IT系/ベンチャーキャピタル)
GMO VenturePartners 株式会社(IT系/ベンチャーキャピタル)
株式会社QUICK(金融情報サービス)…日本経済新聞
GMO Payment Gateway(決済処理サービス)

比率がわかりませんが、いずれにせよ国内・海外のベンチャーキャピタル、
国内の事業会社が株主として名を連ねているあたり、
bitFlyerへの評価・期待の高さを推し量ることができます。

取扱う仮想通貨

2018年1月現在、bitFlyerで取引可能な仮想通貨と取引単位は以下の通りです。

・ビットコイン:0.00000001 BTC (= 1 satoshi)
(※ 最小取引数量は、簡単取引所・Lightning は 0.001 BTC、販売所は
0.00000001 BTC)

・イーサ(イーサリアム): 0.00000001 ETH)
(※ 最小取引数量は、Lightning は 0.01 ETH、販売所は 0.00000001 ETH です。)

・イーサ(イーサリアム・クラシック): 0.00000001 ETC
(※ 最小取引数量も同じ)

・ライトコイン: 0.00000001 LTC
(※ 最小取引数量も同じ)

・ビットコインキャッシュ: 0.00000001 BCH
(※ 最小取引数量は、Lightning は 0.01 BCH、販売所は 0.00000001 BCH です。)

・モナコイン: 0.00000001 MONA
(※ 最小取引数量も同じ)

取引可能な仮想通貨の種類としては、豊富とは決して言えませんが、
主要なものは取引可能となっています。

リップル/XRPが取引可能であれば、更に便利と言えます。

また、2018年1月に取引可能な仮想通貨が増えるようです。
未発表ですが、リスク/LSKであるという噂があるようです。

個人的には、やはりリップル/XRPを期待します。

一気に2通貨というのアリですよね。

各手数料

bitFlyerにおける仮想通貨の売買にまつわる手数料
を見ていきましょう。

まず、アカウント(口座)の作成・維持手数料は無料です。
ま、これは当たり前といったところでしょうか。

次に売買手数料です。
2018年1月現在のもの

※出典:https://bitflyer.jp

一見、販売所は手数料が無料というので低コストに見えますが、
『仮想通貨購入|取引所と販売所のどちらで買う!?』
で紹介したように、スプレッドという一見見えにくい形
決して小さくないコストが存在します。

なので、基本的に取引所で売買するということを
個人的には優先します。
もちろん、取引所では取引できない仮想通貨は
販売所の一択となります。

そして、ビットコイン送付手数料です。

※出典:https://bitflyer.jp
bitWireは下に示すように無料

ビットコインに対する比率なので、ビットコインの価格が上昇すると、
同時に送付手数料も高額になるということになります。
この手数料体系をここまま継続するのでしょうか??

次にbitWireやクイック入金手数料です。

※出典:https://bitflyer.jp
残念なのは、クイック入金手数料が無料では無いことです。

今や、株式やFXなどの口座においては、
クイック入金手数料無料が当たり前です。
仮想通貨の口座においては、まだ無料が当たり前とは
なっていない状況ですが、例えばBITPOINTは
選択可能金融機関が限られますが、クイック入金手数料無料を
実現しています。

次は出金手数料。

※出典:https://bitflyer.jp
出金手数料も、残念ながら無料とはなっていません。
たしかに、コストがかかるものではありますが、
完全無料とは行かないまでも、例えば一部指定金融機関では
圧倒的に低コスト、という手数料体系を実現して欲しいものです。

株主に金融期間が名を連ねているのですから、それらのグループ会社の
銀行で実現して欲しいですね。

bitFlyer総評

ビットコイン取引量日本一ということもあり、
仮想通貨の売買を行うにあたり、開設する口座の
筆頭に挙げられる存在と言えます。

アメリカや欧州への進出を果たしていることなどを見ると、
その勢いは他の国内仮想通貨業者とは一線を画していると
言えそうです。

とは言え、サービス内容の改善を早急に望む点がいくつもある
というのが実際です。

口座開設して継続的に活用していく候補の1つとして
試してみるのは必須と言えるのがbitFlyerと言えます。

ピックアップ記事

  1. グリッドトレードEAを無料で【千刻オススメの理由】

関連記事

  1. 仮想通貨

    【仮想通貨取引便利ネタ】仮想通貨口座への入出金用銀行の決定版|住信SBIネット銀行

    仮想通貨取引をする上で必要なものと言えば・・・。仮想通貨の取引…

  2. 仮想通貨

    2段階認証をアプリで設定|仮想通貨取引のセキュリティ

    仮想通貨取引をするにあたり、今や当たり前のこととして導入が必要な…

  3. 仮想通貨

    ビットコインとは?|仮想通貨の基軸通貨

    仮想通貨の取引によって資産構築/防衛をしていくためには、それにまつ…

  4. 仮想通貨

    仮想通貨購入|取引所と販売所のどちらで買う!?

    2017年に何かと話題を提供していたビットコインを筆頭とする仮想通…

  5. 仮想通貨

    ビットコインなど仮想通貨口座の超簡単!開設方法|bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっており、支払いにビット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援くださり、ありがとうございます!!

FX MISSION ZEROで成功トレーダーに

FX MISSION ZEROは
成功トレーダーへの道標となる。

FXミッションゼロマニュアル完全版




PDFだけでは無く、セミナーDVDで
さらに理解を深める

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

  1. EA(自動売買ソフト)について

    EAの運用方法について
  2. EA(自動売買ソフト)について

    当サイトで紹介するEA
  3. FX口座開設

    口座(FX業者紹介)
  4. Dukascopy(デューカスコピー)

    JForexという賢い選択 デューカスコピージャパン
  5. Dukascopy(デューカスコピー)

    FXの新常識 透明なFX取引のために取引手数料
PAGE TOP