仮想通貨

ビットコインとは?|仮想通貨の基軸通貨

仮想通貨の取引によって資産構築/防衛をしていくためには、
それにまつわる知識や経験が必要です。

そこで、筆者が得た知識や経験をシェアすることで、
仮想通貨を活用して資産構築をすることにより、
フィナンシャルフリーを目指す方々のお役に少しでも
立てれば・・・ということで記事を作成していきます。

今回は、仮想通貨の雄 ビットコインについて
取り上げます。

ビットコインは、仮想(暗号)通貨の代表格として扱われています。

表記/単位は『BTC』となっています。

『聞いたことあるビットコイン!基礎から仕組みを理解しよう』(ZUU online)
では、データにすぎなかった仮想通貨のビットコインが現在のように
価値を持つものとして取引され始めた瞬間を面白く、分かり易く
紹介してくれています。

Wikipedeiaによれば、
『ビットコインはサトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto) を名乗る人物
によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された。
ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、
トランザクション(ビットコインの所有権移転: 取引)は仲介者なしで
ユーザ間で直接に行われる。
このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、
ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。
トランザクションでは通貨単位としてビットコイン (BTC) が使用される。
このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、
米国財務省はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに
分類している。
ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、
DigiCashやRippleといった先行システムが存在し、それを最初の
分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確である。』
と説明されています。

このへんは、ふんわりと理解しておけば良いです。

総発行量『2140年までに2,100万BTC』と規定されていることは
要注目です。

ビットコインへ投資をしている富裕層が着目する点として、
この総発行量が規定されている点にある、とする話もあります。

そう、まるで金の埋蔵量に限りがあるように・・・。

そして、金よりも可搬性が高いという点も魅力とされます。
(このへんの話は、あくまでも参考程度に)

もちろん、それだけで投資する価値があるか?と言えば
判断材料として不足しています。

概要まとめ

ビットコインは仮想通貨の代表格として扱われています。

メディアによっては、仮想通貨=ビットコインというような言われ方をされてしまっています。
それは極端な捉え方ではあるのですが、ビットコイン以外の仮想通貨
オルト(アルト)コイン:Alternative Coin(オルタナティブ・コイン):代替通貨
と一括りにされているという現実もあります。

仮想通貨を取引する場合に、法定通貨(日本円など)で売買する以外に
ビットコインで売買するという選択肢があります(取引所、販売所による)。
つまり、
オルトコインを購入する代金としてビットコインを使用したり、
オルトコイン売却代金としてビットコインを受け取ったり
するということです。

これは、法定通貨における基軸通貨(Key Currency)として
アメリカドルが位置づけられているように、
仮想通貨おいてはビットコインが現時点では基軸通貨
となっているということによります。

もっとも、法定通貨における基軸通貨は、
金(ゴールド)や英ポンドだった時代があるわけで、
仮想通貨においても基軸通貨としての存在が
ビットコインで固定されるわけではありません。
(世代交代の時が来る可能性がおおいにあるということです)

いずれにせよ、各仮想通貨のファンダメンタルズや価格のチャート分析
においては、法定通貨との関係だけでなく、ビットコインとの関係
(ビットコインに対する値動き)をケアしておくことが必要になります。

では、以下にてビットコインを理解する中で必要になる用語
ついての意味を紹介していきます。

聞きなれない言葉や技術的な内容については、最初は戸惑うかも
しれませんが、何度も見たり聞いたりしていると、ある時に急に
理解が深まります。

その時まで、辛抱強く必要な情報をインプットしていただきたいと思います。

ブロックチェーン

仮想通貨と言えばブロックチェーン(ブロックチェイン)という
言葉が必ず出てきますね。

Wikipedeiaによれば、
『ブロックチェーン(Blockchain)とは、分散型台帳技術
または、分散型ネットワークである。
ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を
原型とするデータベースである。
ブロックと呼ばれる順序付けられたレコード連続的に増加する
リストを持つ。
各ブロックには、タイムスタンプ前のブロックへのリンク
含まれている。
理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に
変更することはできない。
ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワーク
分散型タイムスタンプサーバーの使用により、
自律的に管理される。』
と説明されています。

ブロックチェーンというのは、
【分散型台帳技術】【分散型ネットワーク】
のことで、ビットコインの中核をなす技術です。

言葉の通り、ブロックとチェーンをイメージすると
分かりやすいです。
各ブロックにはデータ(取引履歴)が記録されており、
それが次々と追加してチェーンでつなげられていく
というイメージです。

で、そのブロックチェーンデータベースが
P2P(Peer to Peer)ネットワークと
分散型タイムスタンプサーバーの使用により、
自律的に管理されるということです。

P2P(Peer to Peer)

ビットコインを語る時に欠かせない知識の1つ
P2P(Peer to Peer、ピアツーピア)があります。

元々はコンピュータの通信で使われる方式です。

ピア(Peer)とは同等の者仲間を意味します。
P2P:Peer To Peerは、「同等な者が同等な者へ」ということを意味します。

ということは、このような方式ではないものが存在するということですね。
それがクライアントサーバー型システムです。
このクライアントサーバー型の方が今でも一般的です。

データやサービスを提供するサーバ
データやサービスを利用するクライアント
というように機能/立場が同等ではないシステムです。

P2P方式はSkypeLINEなどで活用されている方式です。
このP2P(同等な者が同等な者へ)が通貨の成り立ち
仕組み/運用に活かされているのがビットコインです。

つまり、法定通貨のように固定した(中央銀行のような)
管理者(機関)が存在せず、
通貨(の価値・データ)の授受においてもP2Pの仕組みを
活用しているのです。

P2Pのネットワークにて、ブロックチェーンと呼ばれる
公開分散元帳に記録されていくことにより運営されるので、
ビットコインにおける取引(トランザクション)
においても管理するためのサーバーなり管理者
というのは存在しません。

マイニング(採掘)

ビットコインと言えば、ブロックチェーンと共にマイニング(採掘)
という言葉もよく出てきます。

2140年までに2,100万BTCという総発行量を規定していたり、
マイニング(採掘)という言葉を使っているので、金(ゴールド)
を意識していると言われています。

マイニングについては、こちらの記事が分かりやすいです。
(WEBマーケティングに関するサイトです)
『新たにブロックを追加するときは、直前のブロックのハッシュ値と、
今回のブロックに含まれる「全取引データ(トランザクション)」と
「ナンス値」をハッシュ関数によって暗号化します。
この整合性を確認し「承認」するためには膨大な計算を行います。
この承認作業を「マイニング(採掘)」といい、不正が行われていない
ことを証明する仕組みを「proof of work(仕事の証明)」といいます。
これを「成功」させた人にビットコインの報酬が支払われる
というシステムがあり、このときビットコインが「新規発行」されるのです。

はい、調べたい言葉を調べていると、更に知りたい言葉が出て来る(笑)
という状況になっているかと思います。

が、そこにストレスを感じないようにしながらざっくりとして
理解をしていくのがコツだと思います。

そして、そのうちにアハ!!体験をする時がやってきます。
(とは言え、知るほどに奥が深いですが(笑))

ハッシュ関数

ハッシュ関数ハッシュ値もビットコインを語る時には
欠かせない用語です。
ハッシュ関数も、こちらのWEBマーケティングサイトが
分かりやすく紹介してくれています。

(下の方へスクロールして見つけて下さい)

もう少し専門的に知りたい場合には、
詳しく分かりやすく紹介しているITPROのサイトが良いです。

ハッシュ関数とは、何かしらのデータを入力して、
あるデータを出力するようなブラックボックスであると言えます。
そこに、データの改竄を防ぐ/検出する仕組みがあると
理解しておけば、最初はよいと思います。

ビットコインをどのように取引するか

仮想通貨への投資/トレードをするにあたり、
対象とする通貨の選択は言うまでもなく重要です。

仮に仮想通貨全体でより高い価値をつけるようになった
としても、仮想通貨毎にその傾向は異なるはずです。

そして単純に言えないのは、それぞれの投資スタンスが異なり、
資金量や狙うリターン(利益)、想定(許容)するリスク
により投資/トレードする通貨が変わってくるからです。

基本は、余裕資金の中でも無くなっても仕方がないと
思える資金で仮想通貨のトレードをすべきだという
話があります。

文字通り、ハイリスク・ハイリターンということですね。

2018年1月時点で、例えばFX(外国為替証拠金取引)での
新興国通貨よりもボラティリティ(変動率)が高く、
新興企業個別株と比較しても同様です。

ましてや、実体が無いものですから、文字通り無価値に
なる可能性も低くないと捉えておくべきと思います。
(株式でもそうですし、FXでも同じですが)

投資スタンスとしては、個人的には「意味のある分散」を
心がけていますが、
・分散
・一点集中
と分けることができます。
これは、投資対象のことでもあるし、投資のタイミングという
ことでもあります。

特に、タイミングを分散するというのが個人的には肝である
と捉えています。

昔は、分散投資として株式と債券、不動産などと投資先を
分散するのが良いなどと言われていました。
(今も言われているようです)

もちろん、価値の推移はそれぞれで異なるので、分散する
ことに意味が全く無いというわけではありませんが、
○○ショックと言われるような状況においては、
基本的にどの投資先も下落することになります。

なので、単純にそういった○○ショックへの対策として
投資先を分散するのはあまり効果が無く、
毎月積み立てることで投資時期を分散するとか、
相場の変調を素早く察知してキャッシュポジションに
戻すことが得意なファンド(投資信託)などへ
投資するなどの方が賢いというのが個人的見解です。

インデックスファンドは低コストで経済による
旨味を享受できるという点で優れていますし、
自身も投資対象としていますが、
○○ショックへの対応という点では無策と言える
と捉えています。

肝心の仮想通貨への取り組み方ですが、
個人的には分散を前提としています。

各仮想通貨の技術的特徴、その将来性、バックグラウンドを
きっちりと理解し、投資先を絞ることができるなら
それでも良いのですが、基本的に自分には向かないと
認識しているので、
見込みのある仮想通貨に分散する
ことを基本方針としています。

あまり種類が多くならないように、というのはあるのですが、
ビットコイン
イーサリアム
リップル
など仮想通貨を代表するとされる3つの仮想通貨を軸に
いくつかリスクなど将来性のありそうなものに資金を
投入します。

草コインと言われるものにも興味がありますが、それはいずれ・・・
というスタンスです。

ビットコインを最初にお試しレベルで購入したのが2017年9月で、
更に年末にこれまたお試しで購入したのが2017年12月。
そして2018年1月に本格トレード第一弾として
上記仮想通貨を購入しています。

基本的に、取引コストや指値を使えるというメリットを考えて
取引所で購入しています。

国内の取引所で扱っていないものを、仕方なく販売所で
購入している、というところです。

現時点では、第一弾と同額で第二弾を予定しています。
現状、仮想通貨全般で価格が落ちているので、
更に落ちる
現状が底となって再上昇
というタイミングに乗れるようにと考えています。

それらを済ませたら、草コイン探しに着手する予定です。
そのためには、海外の取引所を活用することが必要となります。
FXでは、海外口座を活用していますが(国内に比べたら少額)、
仮想通貨だと、「何かが発生する」確率がFXより高いと
想定しているので、その場合の対応を考えると、
敷居が高く感じるのと、少額しか投入できないな・・・
というのがあります。

既に海外の取引所を活用されている方々のお話を聞きたい
ところです。

ちなみに、活用している国内の取引所/販売所を
紹介します。
基本、自分が使いやすい所を探すために、いくつも
試しに使ってみるのを前提にしています。

レビューは参考になりますが、やはり自分に合うかどうか
という点が重要なので。

また、まだまだこれからサービス競争が激しくなると
思うので、各社のサービス内容が向上することを
期待しているので、その行く末を見守りたいという
のもあります。

では、筆者が活用している仮想通貨取引所/販売所です。

bitFlyer
ビットコイン取引量日本一で、国内外の大企業からの
出資を受けているという安心感があります

BITPOINT
仮想通貨で日本では唯一MT4を使えるということで
口座開設しました。
取引所でビットコイン、イーサリアム、ライトコインを
扱っていて、2018年2月にはリップルも扱う予定という
こともあり、もっと注目されても良いのに、と思います。
選択可能な銀行が少ないですが、無料のクイック入金
など、地味なところで高サービスです。

★bitbank
取引所で対円での取引がビットコイン、リップル、
モナコイン、ビットコインキャッシュに対応している
というのがウレシイです。

Zaif
取扱い仮想通貨よりも、ビットコイン積立など、
サービス内容で独自性を打ち出している点に
期待しています。
2017年は、住所確認のハガキがなかなか到着
しないという課題があったようですが、
2018年1月時点でだいぶ改善されていました。

★coincheck

販売所の形式ながら、他の追随を許さないほど
取扱い仮想通貨が豊富です。
また、モバイル用のツールも使いやすくて秀逸です。

上記口座は、どれも大きな問題無く活用できていますし、
それぞれ特徴があって、どれが自分にあうか検証中です。
他も試して、海外含めて最終的に3-4口座にしたいな、
というイメージでいます。

如何でしたでしょうか?
あなたのビットコインへの理解へ少しでもお役に立てていれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ピックアップ記事

  1. グリッドトレードEAを無料で【千刻オススメの理由】

関連記事

  1. 仮想通貨

    bitFlyer口座レビュー:ビットコイン取引量日本一|仮想通貨取引

    仮想(暗号)通貨を取引するためには、取引用の口座開設をする必要があ…

  2. 仮想通貨

    【仮想通貨取引便利ネタ】仮想通貨口座への入出金用銀行の決定版|住信SBIネット銀行

    仮想通貨取引をする上で必要なものと言えば・・・。仮想通貨の取引…

  3. 仮想通貨

    仮想通貨購入|取引所と販売所のどちらで買う!?

    2017年に何かと話題を提供していたビットコインを筆頭とする仮想通…

  4. 仮想通貨

    2段階認証をアプリで設定|仮想通貨取引のセキュリティ

    仮想通貨取引をするにあたり、今や当たり前のこととして導入が必要な…

  5. 仮想通貨

    ビットコインなど仮想通貨口座の超簡単!開設方法|bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっており、支払いにビット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援くださり、ありがとうございます!!

FX MISSION ZEROで成功トレーダーに

FX MISSION ZEROは
成功トレーダーへの道標となる。

FXミッションゼロマニュアル完全版




PDFだけでは無く、セミナーDVDで
さらに理解を深める

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

  1. VPS

    MT4でEAを稼働させる時に便利なVPS
  2. グリッドトレード

    グリッドトレードEAを無料で【千刻オススメの理由】
  3. 仮想通貨

    ビットコインなど仮想通貨口座の超簡単!開設方法|bitFlyer(ビットフライヤ…
  4. FXミッションゼロ

    1日30分FXトレードの勝ちパターン|FXMZ
  5. Dukascopy(デューカスコピー)

    FXの新常識 透明なFX取引のために取引手数料
PAGE TOP