仮想通貨

ビットコインなど仮想通貨口座の超簡単!開設方法|bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコインを始めとする仮想通貨が話題になっており、
支払いにビットコインが使えるお店が急増していることから
「そろそろ、自分もビットコインを使ってみようかな」
とか、
「そんなに儲かるなら、自分もビットコインを買ってみよう」
と思う人が増えているようです。

お店でさり気なくクールにビットコインで支払いを済ませたり、
(話題性があるので、ネタになりますよ)
「購入して暫くしたら利益になっていた」ということで
ちょっと贅沢してみるというのも良いですよね。
(当然、余裕資金で実行しましょう)

ユーザー急増中とはいえ、銀行口座ほど誰もが開設している
というものでも無いので、サクッと仮想通貨取引口座を開設して
仮想通貨の取引で利益を獲得したり、買い物の支払いに活用する
ことで話題の中心になったりして、楽しい仮想通貨ライフ
すごしましょう。
(但し、余裕資金で)

ここでは、ビットコイン取引量が日本でNo1
bitFlyer(ビットフライヤー)
口座開設方法を分かり易く、そして詳細に紹介します。

と言いながら紹介するまでもなく簡単なので(笑)、
記事を参考にしつつサクサクっと開設してしまいましょう。

口座の種類として、以下の2つが設定されていますが、
基本的にはトレードクラスまで一気に進めてしまいましょう。

ウォレットクラス:主にウォレット(財布)としての機能のみ
トレードクラス:全ての機能をフルに活用可能

ウォレットクラスは、基本的にウォレット(財布)としての
機能を使えるだけになっているので、あまり意味がありません

トレードクラスにすることに大した敷居は無いので、
管理人のように最初からサクッとトレードクラスまで
進めておきましょう

トレードクラスでないと、仮想通貨の購入/売却が
できませんからね。

こちらのbitFlyerWEBサイト・口座開設ページを開いて
入力しながら読み進めてみて下さい。

STEP1 アカウント作成:ウォレットクラス

どの仮想通貨取引用口座にも言えますが、基本的に
口座開設は簡単に手続きができます。

ビットコイン取引量日本一のbitFlyer(ビットフライヤー)にも
それが言えて、サクッと手続きを進めることができます。

銀行、証券、FX(外国為替証拠金取引)などと同様の
手続きにて口座開設をすることができます。
もちろん、口座開設・維持は無料です。

とっても簡単な口座開設手続きなので、もしもつまずいたら
本記事を参照するという程度で、あとは実際に画面操作
してしまうことをオススメします。

まず、bitFlyer公式ページ(←リンク)へいきます。

まずは、メールアドレスを入力します。
bitFlyerとの連絡に使うことになるアドレスなので、
普段良く使うアドレスにすることをオススメします。

但し、より一層セキュリティ性を高めるという場合には、
新たなアドレスを設定し、そのアドレスのメールを
忘れずに受信するようにしておく、という方法もあります。

アドレスを入力したら、「アカウント作成」ボタンを
クリックします。

次に、上で入力したアドレス宛に送信されたメール
記載されている「キーワード」
を確認します。
(「アカウント作成」ボタンをクリックした後に
メールが送信されるので、メーラーの受信ボタンで
メールを受信すると素早く受信できます)

そのキーワードを下の画面にあるキーワード入力欄に入力します。
コピー&ペースト(コピペ)するのが楽だし間違いがなくて
良いですね。

次は、銀行口座、投資系口座でお馴染みの
・利用規約、プライバシーポリシー
・取引におけるリスク
・米国の居住者では無いこと
・取引時交付書面
などについての確認、理解や同意を表明するために
それぞれについてチェックを入れます。
(小難しいと感じることが沢山書かれていますが、
少なくとも取引を開始するまでにはきちんと
読んで理解しておきましょう)

青字の部分がリンクになっています。

これで、一先ず作成したアカウント(口座)へログインすることが
できるようになりました。
とっても簡単に開設手続きを進めることができましたよね。

上の画面右下に現在の「アカウント情報」が表示
されています。

サクッと手軽にあっという間にbitFlyer口座(アカウント)
を持つことができました。
が、まだ「ウォレットクラス」なので、あまり役に立ちません。

後回しにせず、サクサクっと「トレードクラス」への道を
進んで行きましょう。
(もちろん、今は時間が無いという場合でも、
後から手軽に簡単に進めることができます)

STEP2 サクッとトレードクラスへ

bitFLyerのアカウント(口座)を作ったら、その勢いで
ウォレットクラスからトレードクラスへと進んで
しまいましょう。

ここでも、簡単に手続きを進めることができます。

まず、初回ログイン時に以下のような画面が表示されると
思います。
もし表示されなくても、メニューから設定することができます。

基本的に、2段階認証は必須と認識すべきものなので、
ここはサクッと設定を済ませておきましょう。

上の画面で
「二段階認証の設定を行います」
が選択された状態で「OK」ボタンをクリックします。

すると、「設定」用の画面に移ります。

もし、必ず後から実行するという場合には、
ログイン後の画面左に並ぶメニューの中から
「設定」を選択して、設定画面に進みます。

「設定」画面が表示されたら、「セキュリティ設定」
クリックします。
そして、画面下方にある「二段階認証設定を変更する」をクリックします。

すると、以下のような、「確認コード」だけが書かれたシンプル
メールが送信されてきます。

その「確認コード」を以下の画面に入力(コピペ)します。

そして、
「確認コードの取得方法」
「いつ使用するか」
について設定します。

「確認コードの取得方法」は、
・(モバイル)認証アプリを使う
・メールで受け取る
2択です。

まずは「メールで受け取る」にしておくのも良いですが、
セキュリティ強度と使いやすさから筆者個人としては
「認証アプリを使う」方が良いと考え、そのように
しています。

また、「いつ使用するか」については、
・ログイン時
・外部アドレスの登録時
・日本円の出金時
などについて選択することが可能です。

セキュリティ面から、基本的に全て選択しておくのが
望ましいと考えていますが、ログイン毎に通知されると
煩わしいというようなことがあれば、ログイン時というのは
外しても仕方ないと筆者自身は考えています。
筆者自身は全て選択しています。

「次へ」をクリックすると、認証コードが送信されてくるので、
メールに記載されている認証コードを以下の画面に入力(コピペ)
します。

これで2段階認証の設定は完了です。
続けて、4桁の暗証番号を設定します。

4桁の暗証番号を設定します。
以下のことに注意して設定しましょう。
・他のサービスとはことなるユニークな番号とする
連続した数字や同一数字4桁を使用しない(できない)

これで2段階認証の設定も完了です。
これで、セキュリティ面での安心感が向上しましたね。

トレードクラスへ進むには、画面右下
アカウント情報にある
・ご本人情報のご登録
・ご本人確認資料のご提出
・お客様の取引目的等のご確認
・転送不要書留郵便のお受け取り
を済ませることが必要です。

どれも簡単に入力/実行できることなので、
サクッと済ませておきましょう。

ご本人情報のご登録

上図画面(ログイン直後の画面)右下にある
アカウント情報一覧の中にある、
「ご本人情報のご登録」
をクリックします。

そして、氏名、生年月日、住所、連絡先電話番号など
入力します。

入力したら、「登録情報を確認する」をクリックします。

次の画面で入力した内容を確認します。
間違いが無ければ、「ご本人情報を登録する」をクリックします。

銀行口座情報の登録

次に、銀行口座情報を登録します。

必要項目を入力したら、「登録情報を確認する」をクリックします。

そして、次の画面で登録内容に間違い無いことを確認し、
「銀行口座情報を登録する」をクリックします。

ご本人確認資料のご提出

次に、「ご本人確認資料」を提出します。
必要な書類は、以下の3つになります。
・提出書類と本人が一緒に写っている写真
・確認書類その1
 以下のいずれかの書類
免許証(表面と裏面)
パスポート(顔写真入りページと住所記載ページ)
外国人登録証明書(表面と裏面)
マイナンバーカード(表面のみ)
・確認書類その2
  「その1」で提出した書類の裏面など。
パスポートの場合は、住所記載ページ
  マイナンバーカードの場合は再度表面(同じもの)

それぞれの「画像ファイルを選択する」にて選択しても良いですが、
画像ファイルの保存場所をあらかじてエクスプローラーで開いて、
画像ファイルを該当する枠へドラッグ&ドロップすることもできます

それぞれ必要ファイルを選択したら、「ご本人確認資料を提出する」
クリックします。

お客様の取引目的等のご確認

あとは、「お客様の取引目的のご確認」です。

1つ目の、「私は海外の重要な公人、もしくはその親族ではありません」
という設問は、ほぼ全ての方が当てはまらないと思うので、
チェックを入れましょう。
もちろん、該当するならチェックを入れることができませんが(笑)

職業取引目的については、ありのままを設定すれば問題無いと
思います。

全て入力/確認できたら、「入力する」クリックします。

転送不要書留郵便のお受け取り

上で書いた
・「ご本人情報のご登録」
・「ご本人情報のご登録」
・「お客様の取引目的等のご確認」
を済ませると、bitFlyerから転送不要書留郵便(ハガキ)
送付されます。
ハガキですが「書留」なので、本人なり家族が受け取る
必要があります。
もちろん、不在時には不在連絡票があるので、日時を指定して
再配達してもらうことができます。

筆者が口座開設をしたのは、2017年4月なので、もしかしたら
現在はデザインが変わっているかもしれませんね。

他社では、郵便物にコードが記載されており、それをWEB入力
することで次のステップへ進むことができるという場合も
ありますが、bitFlyerではそのようなことはありません。
受け取るだけでOKです。

STEP3 いざトレード開始

口座開設が完了すれば、あとは入金をして予め決めてあるであろう
仮想通貨を購入するのみですね。

既にそのつもりかもしれませんが、ある仮想通貨を購入するという場合、
取引所でも販売所でも扱っているというのなら、基本は
取引所で購入した方がより安く購入できる可能性があります。

例えば、ビットコインを購入するなら、販売所よりも取引所の方が
安く購入できる可能性が高いです。
bitFlyerにも、ビットコインの取引所と販売所があるので
取引画面で良く確認しましょう。

これは、販売所では「売値」「買値」が小さくはなく、
その差が仮想通貨を取引する場合のコストとなっているからです。
(基本的に、取引所の方が小さいです。)

逆を言えば、そのコストは販売所の収入となっているのです。

現状、取引所での手数料は期間限定で低く抑えられていたり、
無料になっていたりするので、低コストです。

なるべく取引量(取引参加者)が多い取引所であれば、
より良いコストで取引することができます。
その意味でも、ビットコイン取引量No1のbitFlyerは
高環境ですね。

また、急ぎで購入するという必要が無いのであれば、
時期や価格を分散して購入するという考え方もあります。
これは、筆者が導入している方法です。

この価格でこの量のこの仮想通貨を購入するという指値を
置いておいて、あとは取引きが成立するのを待つという
ことです。

例えばFXなどでもよく活用されている方法ですし、
筆者も採用しています。

このへんは、また別記事で紹介していきます。

如何でしたでしょうか。
bitFlyer口座を簡単に開設するということが
お分かりいただけたかと思います。

というか、開設の手続きを読みながら済ませた!という方も
いらっしゃるかと思います。

それで良いと思います。
開設手続きは、サクッと済ませてしまうのが良いです。
口座開設は無料ですし、特にデメリットがあるわけでは無いですから。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
少しでもお役にたてていれば幸いです。

ピックアップ記事

  1. グリッドトレードEAを無料で【千刻オススメの理由】

関連記事

  1. 仮想通貨

    仮想通貨購入|取引所と販売所のどちらで買う!?

    2017年に何かと話題を提供していたビットコインを筆頭とする仮想通…

  2. 仮想通貨

    ビットコインとは?|仮想通貨の基軸通貨

    仮想通貨の取引によって資産構築/防衛をしていくためには、それにまつ…

  3. 仮想通貨

    2段階認証をアプリで設定|仮想通貨取引のセキュリティ

    仮想通貨取引をするにあたり、今や当たり前のこととして導入が必要な…

  4. ビットコインFX

    【実践ビットコインFX】BTC-FX/JPYでレバレッジ活用_20180323

    仮想通貨を押し目で買って長期ホールドというのは長期的資産構築の一つ…

  5. 仮想通貨

    【仮想通貨取引便利ネタ】仮想通貨口座への入出金用銀行の決定版|住信SBIネット銀行

    仮想通貨取引をする上で必要なものと言えば・・・。仮想通貨の取引…

  6. ビットコインFX

    【実践ビットコインFX】BTC-FX/JPYでレバレッジ活用_No2,3,4

    仮想通貨を押し目で買って長期ホールドというのは長期的資産構築の一つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

いつも応援くださり、ありがとうございます!!

FX MISSION ZEROで成功トレーダーに

FX MISSION ZEROは
成功トレーダーへの道標となる。

FXミッションゼロマニュアル完全版




PDFだけでは無く、セミナーDVDで
さらに理解を深める

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

  1. はじめに

    「FXでファイナンシャルフリー」サイトへようこそ
  2. EA(自動売買ソフト)について

    EAの運用方法について
  3. FXミッションゼロ

    10の勝ちパターンとは|FX MISSION ZERO
  4. FXミッションゼロ

    【実践FXMZ】USDCAD-MISSION001D1sell
  5. グリッドトレード

    一定の値幅でトレードを繰り返すグリッドトレード
PAGE TOP